10min+

このコンテンツでは、柏レイソルを中心に国内・海外サッカーの話題や、千葉県柏市の話題を取り上げる。

MENU

3-4-2-1はサッカー日本代表のオプション戦術になるか

6/11(火)にFIFAワールドカップアジア2次予選、日本代表vsシリアの試合がエディオンピースウイング広島で開催された。試合は終始ペースを握った日本が5-0で勝利した。この試合でのポイントを振り返る。

圧巻のゴールラッシュ

既に最終予選への進出を決めている日本はミャンマー戦と同様、前半から3-4-2-1のシステムを採用。スタメンを大きく入れ替え、久保建英遠藤航、冨安健洋などが起用された。

4-4-2で構えるシリアに対し立ち上がりから主導権を握る日本。13分に先制ゴールを奪ってみせる。遠藤から左サイドの中村へ。仕掛けてからクロスを上げると、上田綺世がヘディングシュートを決めた。19分にはハイプレスをかいくぐり久保から右サイド堂安律へ。カットインしてからシュートを決めた。21分には相手のオウンゴールで3-0。その後はシリアにボールを持たれるものの、5バックを形成しチャンスを作らせない。前半は3-0でリードする。

 

後半からは伊藤洋輝を投入し4バックに変更。4-2-3-1とお馴染みのシステムで戦うことを森保監督は選択した。52分にはその伊藤が右足でシュート。56分には中央から堂安が枠内にシュートを放つ。59分には久保のクロスに南野拓実がヘディングシュート。その後も手を緩めずに攻め続けた日本代表。相馬勇紀と南野拓実がゴールを決めて、最終的には5-0で大勝を収めた。

 

輝いた両WB

この試合のウイングバックに起用されたのは、堂安律と中村敬斗。堂安はフライブルグで右ウイングバックを主戦場としており、代表でも違和感なくプレーできる。中村もスタッド・ランスでは状況によって同じポジションを任される。

 

前半はまさしくこの2人からゴールが生まれた。先制ゴールのシーンでは中村が縦に仕掛けて左足クロスで上田綺世のゴールをアシスト。その後も似たようなシーンで惜しいチャンスを作った。堂安は2点目のシーンで右サイドでボールを持つと、得意のカットインからニアサイドへシュートを決めた。このシステムでも早々に輝けることを示した。

 

守備では5バックを形成するために最終ラインまで下がった。ここからの対人守備はまだ改善の余地があるが、カウンター時は破壊力を増す。実際に中村からの2点目の起点となった久保へのパスは、見事というほかない。

テストはひとまず成功

2試合立て続けに3バックをテストした結果は、それなりの手応えを得たと言える。最終予選ではより強固なディフェンスを敷いてくる。そのような相手に対し、幅広くポジションを取って、ドリブル突破やワンツーでチャンスを作ることができる可能性を見出せた。

 

2026年の北中米ワールドカップでは優勝を目指すと公言している日本代表。もう一段階進化させるための戦術は、攻撃力を増すためのオプションとして今後も生かされることだろう。

 

▼この記事の筆者について▼ 

gotohitachidai8.my.canva.site