10min+

このコンテンツでは、柏レイソルを中心に国内・海外サッカーの話題や、千葉県柏市の話題を取り上げる。

MENU

柏レイソルが中川敦瑛と山之内佑成の加入内定を発表!


6/28(金)に柏レイソルは、法政大学の中川敦瑛の来シーズン加入内定と、東洋大学山之内佑成の2026シーズン加入内定を発表した。ここでは2人についてまとめていく。

中川敦瑛

■氏名:中川 敦瑛(のぶてる)

■所属: 法政大学体育会サッカー部 在籍中
■ポジション: MF/FW
■身長・体重: 173cm・71kg
■生年月日: 2002年5月15日(22歳)
■出身地: 神奈川県
■経歴: 横浜サッカークラブつばさ-横浜FCJrユース-横浜FCユース-法政大(現在4年、在学中)

 

横浜FCの下部組織で育ち、ユース時代には10番を背負った。世代別の日本代表に選ばれた経験もある。法政大学に進学後は1年生からトップチームで出場し、3年生時には関東選抜に選出され、デンソーカップチャレンジサッカー大会で優秀選手に輝いた。

 

プレースタイルは力強いドリブル突破や両足から放たれる強烈なシュートなどを武器とした、スピードとパワーを兼ね備えたアタッカーである。また中央でもサイドでもプレーできるポリバレントなプレイヤーで、来シーズン即戦力としての活躍を期待したい。

 

山之内佑成

■氏名:山之内 佑成

■所属: 東洋大学体育会サッカー部 在籍中
■ポジション: DF
■身長・体重: 179cm・78kg
■生年月日: 2003年9月1日(20歳)
■出身地: 愛知県

■経歴: 浅井北サッカースクール-FC DIVINE-JFAアカデミー福島U-15-JFAアカデミー福島U-18-東洋大(現在3年、在学中)

 

JFAアカデミー福島の出身で、現在は東洋大学に所属している。1年生で途中からトップチームのスタメンに起用され、リーグ戦12試合に出場するとレギュラーに定着した。

 

サイドバックを主戦場としており、プレースタイルの特徴は体格の良さを生かした1vs1の守備と右利きながら両足の高いキック精度、終盤までアップダウンを繰り返しできる豊富な運動量である。関東リーグ第2節ではゴール前まで駆け上がって得点を決め、勝利に大きく貢献した。

 

即戦力として期待したい

昨シーズンに続き、夏前の段階での大学生プレイヤーの加入内定を発表したレイソル。また山之内については3年生時に早くも加入内定を出し、関根大輝と桒田大誠も含め同様のケースが近年増えつつある。

 

今まではレイソルユース出身者を中心に加入させてきたがその流れが少し変わってきた。出身地や経歴にとらわれることなく、光った選手に対しては早々にオファーを出している。そして関根はそのチャンスを活かし開幕からスタメンに定着、U−23日本代表にまで登り詰めた。

 

中川と山之内もポテンシャルを秘めた選手である。来シーズン以降、レイソルのユニフォームを着てどのようなプレーを見せてくれるのか楽しみである。

 

関連記事はこちら

 

gotohitachidai8.hatenablog.com

▼この記事の筆者について▼ 

gotohitachidai8.my.canva.site