10min+

このコンテンツでは、柏レイソルを中心に国内・海外サッカーの話題や、千葉県柏市の話題を取り上げる。

MENU

サポーターが期待する柏レイソル新加入&若手選手2024

柏レイソルの2024シーズンがスタートし、日立台でのトレーニングを経て指宿キャンプが行われている。新加入選手の奮起はチームに不可欠である。ここでは注目すべき新加入選手について、サポーターの意見をまとめていきたい。

アンケート結果

新加入選手

X(Twitter)上でアンケートを実施した結果はこちら。

1番票を集めたのは白井永地だった。レイソルアカデミーで育ち、トップ昇格とはならなかったがJ2で研鑽を磨き満を辞してレイソルへ。勿論、高嶺の相棒としての期待度も高い。

 

次に票を集めたのはストライカーの木下康介。様々な国、チームでの経験は頼もしい。ゴールは言うまでもないが、山田康太が務めていた、ファーストディフェンダーとしての役割にも期待したい。

 

レイソルに復帰した鵜木郁哉にも票が集まった。退団時の涙が印象的だったが、そこから1年半の時を経て、出場機会と自信を得て帰ってきた。開幕スタメン争いに勝てるかは注目だ。

 

若手選手

次に若手選手についてもアンケートを実施した。

トップは山本桜大となった。ユースから昇格1年目で出場機会を得て、天皇杯ではプロ初ゴールを記録。決勝でも途中出場を果たしたことから、期待度の高さを示している。細谷とのアカデミー2トップを形成するか注目だ。

 

2位は土屋巧。日体大柏から初めてレイソルに加入した選手で、未知数なところはあったが昨シーズンは本職でないセンターバックサイドバックで奮闘。20試合以上に出場したことで、レイソルサポーターからの信頼も得ている。

 

3位は山田雄士。レイソルから栃木SCへレンタル移籍し、結果を残すとレイソルの復帰要請により早くも夏に帰還した。すると右サイドでスタメンを獲得し、日立台での初ゴールも決めてみせた。井原監督が評価するハードワークとテクニックを存分に体現し、今シーズンは背番号6に変更となった。ついにその才能が花開くタイミングが訪れた。

サポーターの声

Xでのコメントを一部抜粋する。

木下くん!
身長もあるしマオと並ぶくらい得点量産してほしい!!!
康太以上の活躍を!

木下康介に対して~

 

島村選手です。
柏の新たなスピードスターとして期待したいです!

~島村拓弥に対して~

 

桜大は体も大きくなったし、リーグ戦初ゴールから飛躍の足掛かりをつかむ年になると期待してます。

今年は🌸🌸満開の年になってほしいです。

~山本桜大に対して~

 

他チーム含め、数少ない高卒3年目以内選手のレギュラー。東京の玖生(松木)ですら、敵でやりずらさあった選手を挙げてたのが土屋君やったから。

~土屋巧に対して~

期待に応える選手は誰か

現在のレイソルは攻撃陣では細谷とサヴィオ、守備陣では古賀や犬飼、松本が中心となる。彼らに頼りきりではなく、新たなプレイヤーたちの奮起がチームの底上げとなる。年齢にかかわらず、試合に出場しチャンスを掴めるのは果たして誰か、注目だ。

 

▼関連記事はこちら▼

gotohitachidai8.hatenablog.com

 

▼この記事の筆者について▼

gotohitachidai8.my.canva.site