10min+

このコンテンツでは、柏レイソルを中心に国内・海外サッカーの話題や、千葉県柏市の話題を取り上げる。

MENU

柏レイソル2024シーズン10試合を終えて見えてきたもの

2024シーズンが始まり、リーグ戦10試合とルヴァンカップ1試合を消化した。柏レイソルは2024シーズンは、2023シーズンと比べると上々の結果でスタートした。ここではリーグ10試合の流れを振り返り、見えてきたものを詳しく述べていく。

結果一覧

ちばぎんカップvsジェフ千葉 ●1-2 サヴィオ

ルヴァンカップvsザスパ群馬 ◯3−1 武藤、立田、戸嶋

 

開幕節は引き分け発進となったが、王者ヴィッセル神戸を破るなどで最初の3試合は2勝1分と好スタートを切った。しかし第4節で初黒星を喫すると、引き分けが多く続いた。5/5現在、1試合未消化があるが13位に位置している。

ここまでの流れ

ここからはターニングポイントとなった試合をいくつかピックアップし、チームの流れを解説していく。

固い守備をベースに攻撃を工夫

2023シーズン終盤戦から、簡単に負けないチームを作ることができた。4−4−2をベースに前線から厳しくプレッシャーをかけに行く。また今シーズンはDFラインを高く設定し、コンパクトかつ意図的にオフサイドを取りにいっていることも傾向として見られる。その結果、失点数は9とひと桁に留めておりJ1の中でも上位の数字である。

 

また今シーズンはキャンプから攻撃の形に工夫を凝らしている。後ろを3枚気味に変形して、前線に厚みをかける。ポゼッション率の向上も目指しており、縦に早いサッカーだけでなく遅攻から相手のポケットを取りに行くことが戦術として浸透している。

 

gotohitachidai8.hatenablog.com

 

王者ヴィッセル神戸に勝利

第2節でアウェイのヴィッセル神戸との試合を迎えた。この試合ではチャンピオンチーム相手に好ゲームを演じて、新加入の島村拓弥のクロスに木下康介がゴールを決め勝利した。途中出場の選手が躍動したこと、そして新加入の2人が早速結果を残したことで、レイソルは早くも勝ち点3をゲットすることができた。

 

gotohitachidai8.hatenablog.com

 

3戦連続の引き分け

第4節名古屋グランパス戦に負けたあと、連戦となったがすべてを1−1で引き分ける結果となった。第5節アルビレックス新潟戦、第6節セレッソ大阪戦は内容としては勝たなければいけなかった。リーグ戦に限ると2点を取ることが一試合もできておらず、課題が浮き彫りになった連戦であった。

 

gotohitachidai8.hatenablog.com

 

因縁の相手に勝利

第8節はホーム日立台浦和レッズと対戦した。この試合からU−23アジアカップに参加する細谷真大と関根大輝はチームから離脱。多少なりとも不安はあったが、木下康介のゴールで1−0の勝利を収めた。初スタメンとなった川口尚紀も好パフォーマンスを見せ、昨シーズン屈辱的なチャントを浴びせられた相手に、シーズンベストとも言える素晴らしいゲームを披露した。

 

gotohitachidai8.hatenablog.com

 

好調チームに完敗

サガン鳥栖と引き分けたあと、第11節はアウェイでFC町田ゼルビアと戦った。この試合では立ち上がりからロングスローやCKを何度も浴びせられた結果、前半9分に失点。その後なかなかシュートチャンスを作れず、後半にも追加点を許し0−2の敗戦。立田をスタメン起用する策に出た井原監督だが、対応が後手に回り文字通りの完敗となってしまった。

 

gotohitachidai8.hatenablog.com

不安と期待が入り交じる

ここまでの戦いでは良い試合と悪い試合がはっきり見えた。力のあるチーム相手にも勝利できることが分かった反面、ゴール数がどの試合も1ゴールにとどまっており、なかなか勝ちきれないことも分かった。

 

5月と6月は連戦が続く厳しいスケジュールとなっている。スタメン組の疲労が蓄積されていく中、出番の少ない選手や若手選手に期待したい。個人的に期待したいのはフロート。昨シーズン鳴り物入りで加入したが、思うように出番をもらえていない。今シーズンは本来の力を発揮してほしいところだ。若手選手では山本桜大。彼は出番をもらっているので、ゴールという結果が出れば必ず活躍するポテンシャルを秘めている。

 

U-23日本代表は優勝して帰国し、細谷と関根も素晴らしい活躍を見せた。次節の鹿島アントラーズ戦でメンバー入りするかは不透明だが、上位進出するためにゴールデンウィーク終戦は勝利必須である。

 

▼この記事の筆者について▼ 

gotohitachidai8.my.canva.site